美肌の作り方|美肌効果のある化粧品やスキンケア方法
2015.12.31 » 2年 前

しわやたるみを防ぐ!普段の生活でできる基本的な予防方法


biyou

皆様は人と会ったらまずどこを見ますでしょうか?恐らくほとんどの方が顔を見ると思います。初対面の方と会う場合は、初めて会ってからたった数秒でその人の顔や格好などの印象で好みの人か嫌いな人かのイメージが構築されて決まってしまうと言われています。

でしたら、やはり少しでも相手に良い印象を持ってもらえるように、一番に見られる顔を若々しく元気があるように保ちたいものです。

そこで問題となるのが年齢によるシワです。シワを取り除く方法については多々ありますが、たったこれだけを注意すればシワを抑制できるという誰でも気軽に、そして継続できる方法を2点ご紹介致します。

ほうれい線をできにくくする

まず1点目は顔の角度によるシワの軽減です。試しに頭をたれる様にして真下を見てみましょう。そうすると重力により頬を中心に肉が垂れ下がる感覚があると思います。しかし鼻の下などの比較的肉が薄く盛り上がりのない部分はそこまで肉が垂れ下がる感じはありません。

下を向いた時に頬のように肉付きのいいところが重力により引っ張られると肉の薄い部分との丁度境目に線が浮かび上がってきてしまいます。この状態が長く続くと、ほうれい線がどんどん目立ってきてしまい、結果として老け顔を早めていってしまうのです。

ではどうするか?

顔を下向きにすると重力がシワを生むのであれば、なるべく正面から上を見るように気を付ければいいのです。たったこれだけで、ほうれい線が深くなるのを遅らせる効果があるので日ごろから注意していきたいものです。

まぶたのたるみを防ぐ

次の2点目は瞼の垂れについてです。突然ですが、おじいさんやおばあさんの目というとどういうイメージがありますでしょうか?

糸目のように細くなっている方が多いと思いますし、おじいちゃんやおばあちゃんのイラストを見ても細い目というのが特徴として描かれているものが多いでしょう。逆にお年寄りがおめめパッチリ!というのも違和感がありますね。

つまるところ、瞼が垂れ下がらず目がパッチリしていると若々しく見えますし、年をとるとだんだん瞼が下がって眠そうな目になってしまい、老け顔の特徴を生みます。

ではどうするのか?

瞼の垂れは年齢にもよりますが実は瞼を擦る行為によって瞼の皮が伸びてしまうことも原因の一つなのです。

洗顔のときに化粧を落とそうと瞼をゴシゴシと擦ってはいませんか?洗顔後にフェイスタオルでゴシゴシと拭いていませんか?また花粉症の方なら目が痒いとゴシゴシ擦るのが当たり前になっていませんか?

この様な行為をできるだけ避けることで瞼の垂れや垂れたことによるシワを軽減できるのです。某女優さんは洗顔のときは瞼に泡を乗せるだけで擦らないといいますし、顔をフェイスタオルで拭く時も擦らずポンポンと軽く触れるように拭きます。

この2点のたったこれだけのことを注意するだけでシワの抑制に効果があり、結果的に長く”若い”という印象を持ってもらえるようになるのです。

特に道具が必要というわけではなく、簡単に始められるシワ対策ですので是非今日から実施してみては如何でしょうか?