美肌の作り方|美肌効果のある化粧品やスキンケア方法
2016.03.16 » 1年 前

メラニン色素沈着を防いでシミ対策を!日焼け止めの塗り方のコツなど


hiyake

美白の肌に近づけるためには、肌に付いた余分なメラニン色素を取り除く事です。また取り除くだけでなく、その後はいかにして肌にメラニン色素を付着させないように防御するかも重要になってきます。

美白ケアとは、メラニン色素をきちんとコントロールし肌の状態に合わせてケアする事です。メラニン色素が付着していると、シミや角質の詰まりなど肌トラブルを引き起こします。

美白ケアに欠かせないものは、一般的に日焼け止めと言われています。 日焼け止めといっても、使い方を間違うと日焼け止めとしての効果を発揮出来ません。

 

上手な日焼け止めの塗り方のコツ

hiyake_c日焼け止めはほとんどの人が肌に塗り込むように広げると思いますが、これではムラが出来てしまい部分的に効果が薄い部分と高い部分が出来てしまいます。日焼け止めを均一に拡げるためには、塗り込むのではなく軽く肌をパッティングするような感じで叩いてみましょう。

こうする事で皮膚の表面に日焼け止めの成分が均等に行き渡り、日焼けから肌を保護してくれるのです。

日焼けを防ぐ事は余分なメラニン色素を付着させない事にもなるので、日焼け止めは曇りの日でも外出しない時でも毎日使うようにしましょう。

 

美白化粧品を使って肌ケアしよう

日焼け止めの習慣をつけておく事は、美白ケアで最も重要です。 日焼け止めでメラニン色素を防いだら、美白化粧品を使って肌を直接ケアしましょう。ピーリングで古い角質を取り除いた後、美白化粧品で肌の細胞を活性化させます。

肌の新陳代謝を高めるためには肌に栄養を与えられる美容液が効果的です。シミ専用やアンチエイジング効果のある美容液もあるので、自分の肌の状態に合わせて使用する事が大切です。