美肌の作り方|美肌効果のある化粧品やスキンケア方法
2016.01.21 » 2年 前

米のとぎ汁美容で乾燥肌対策をしよう!しっとりうるおい美肌になりましょう


kome

冬場の一番の悩みは乾燥。。お風呂上りは急いでボティバターを塗って、塗ってる内に身体が冷えて、なんてことも多いはずです。そこで、お金をかけずに安心、安全な「米のとぎ汁」をおすすめします!

必要なもの(4回分)

1.5ℓペットボトル
黒糖 大さじ1
天然塩 小さじ1
米のとぎ汁 ペットボトルに入るだけ

作り方はいたって簡単。材料をペットボトルに全部入れ、常温で放置するだけ!3日くらい経つとシュワシュワしてきます。すっぱい匂いがしてきたら完成です。これを湯船に入れて入るだけで、お湯にやわらかさを感じてくるでしょう。

お風呂上りはアラ不思議♪乾燥のヒリヒリが無い!クリーム無しでもしっとりが続きます。しかも!身体もあったまって一石二鳥です。

米ぬか美容の効果と使い方

米ぬかには、セラミドやビタミンがたっぷり含まれていて、肌の古い角質を吸着してくれ、皮膚の新陳代謝も活発になるそうです。お好みのオイルと併せて使ってもいいですね。

さらに、少し薄めたものをパックシートに浸してパックを楽しむなど、応用編を考えるのもワクワクしませんか?念のためアレルギーが懸念される方はパッチテストをしてからの方が良いでしょう。

また、無洗米は栄養の残っている米ぬかが予め除いてあるので使えません。水道水だとシュワシュワがうまくいかないという声もありますので、浄水器の水での米とぎをおすすめします。

いかがでしたか?ごはんを炊く前のほんのひと手間で、冬の憂鬱がなくなるといっても過言ではありません。ちなみに、上記でご紹介したのはずぼらバージョンです。

玄米を丸ごと使う真剣バージョンでは、シュワシュワを利用してヨーグルトを作ることも可能です。日本人のソウルフードともいえる米。身近な食材でありながらたくさんの可能性を秘めてますね。

簡単なので、ぜひ試してみてください!