美肌の作り方|美肌効果のある化粧品やスキンケア方法
2016.01.15 » 2年 前

美容液とヴァセリンの使い方次第で肌のうるおい度と効果が大幅アップ!


g_v

キレイなお肌と聞いて想像するのは、ぷるぷるでしっとりとした赤ちゃんのような肌ではありませんか。赤ちゃん肌を目指すのにこの季節大敵なのは「乾燥」です。

いくらお化粧で隠そうとしてもクマやシミなどと異なり、乾燥はコンシーラーでも隠せません。乾燥で悩んでいる女子は多いと思います。

洗顔後の保湿に本来であれば化粧水、美容液、乳液、クリーム、全てウン万円するような最高級品を使えばいいのかもしれませんが、効果がわからないものに何十万は簡単には出せません。

 

美容液 + ヴァセリンでしっとり度アップ!

vaそこで乾燥女子におすすめしたいのが、「効果的な美容液+ヴァセリン」です。ヴァセリンはドラックストアなどでよく見かける青いフタの大きなものです。

美容液はなにも何万もするものでなくてもいいのですが、プチプラ過ぎずしっかりしたそれなりのお値段のもので効果があるものを選びましょう。

洗顔後、化粧水の代わりに美容液を肌になじませます。(手のひらで押さえつけるようにして、しっかり浸透させる)
美容液をなじませたら、ヴァセリンを手のひらに取り、手の平全体になじませてから顔に塗ります。(夜であれば、ちょっとベタつくぐらいでOK)

美容液を塗ったらすぐにヴァセリンを塗って肌にフタをする感じです!水分の蒸発を防いで美容液を閉じ込めるようにしましょう!たったこれだけで翌朝ふんわり赤ちゃん肌の完成です♪

 

赤ちゃん肌に近い状況を作る

そもそも、何故赤ちゃんの肌はぷるぷるでしっとりしているのでしょうか。それは大人に比べて肌が保持する水分量と皮下脂肪多いからです。

大人になると、加齢と共に新陳代謝が落ちていくのに加え、そもそもの水分量も皮下脂肪も減っていくので、より小まめな保湿が必要になっていくのです。

ただ、日中はお化粧をしている人がほとんどになりますから、お化粧をしていない時間に1日の肌の疲れをどれだけケアできるかが重要です。それを補う役割を果たしてくれるのが「効果的な美容液+ヴァセリン」です。

是非、家に帰ったらすぐにお化粧を落とし、お風呂上がりのお肌に水分が充分にある状態の時に「美容液+ヴァセリン」を試してみてください。