美肌の作り方|美肌効果のある化粧品やスキンケア方法
2016.01.17 » 2年 前

シミ対策をしっかりして美白に!肌に日焼け止めなどの基本をと化粧品を!


komorebi

年齢が重なると、どうしても以前と比べ肌がくすんでしまいがちです。日焼けをしたせいでシミやそばかすができたり、疲れや乾燥で肌色がさえない感じになったりします。

特に、もともと色白の方は油断するとシミやクマがめだちがち。しかし、色白は七難隠す、という言葉もあるように、白い肌をキープすることで美人度がアップ!

 

毎日がんばる

美白のためには毎日のちょっとしたがんばりが必要です。まずは基本の日焼け止め。冬でも、天気が悪くても、一日部屋の中でもとにかく塗ることです。

しかし、SPFの高いものをやたらにぬると、肌荒れを起こしてしまうこともあるので、肌コンディションに合わせて、夏の外出時にはSPF50程度のものを使いましょう。

また、冬やあまり外出をしない日はSPF30程度で肌にやさしくマイルドな洗顔剤で落ちるようなものを使うような使い分けも大事だと思います。あとは、保湿をしっかりと。

つい、忙しい時、眠たい時、体調の悪い時は基礎化粧も雑になりがちですが、化粧水、乳液やクリームなどで水分を補い蓋をするという作業を丁寧にすること。保湿をしっかりしていないと、肌のトーンが暗くなってしまいます。

 

ときどき、使う

pakku時間があるときには、肌をいたわるためにローションパックをしてあげるのも有効です。週に一度はお肌のために時間をとりましょう。

手持ちのコットンにお気に入りの化粧水をたっぷりしみこませて肌の上に10から15分くらい置いておくことで、いつも以上に肌にハリがでてきます。ハリのある肌はトーンが明るくみえます。

 

ちょっとすすんで

それでも、気を付けていてもどうしてもでてしまうシミ。シミ対策の化粧品は色々ありますが、やはりハイドロキノン配合のものが一番効果が高いのではと思います。4%配合のものがネットで手に入ります。

夜のお手入れで化粧水のあと、シミの部分に綿棒などでポイント的に使います。注意点は紫外線対策をしないとシミがかえって濃くなってしまうことがあるので、日焼け止めをしっかり使うこと。

あと、肌荒れをおこしてしまう方もいますので赤みが出てしまうときには中止した方がよいでしょう。